第14話 311

tokonokubo14-P01.jpgtokonokubo14-P02.jpgtokonokubo14-P03.jpgtokonokubo14-P04.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何度もすみません。

お母様の件ですが、猫を飼うのはどうでしょうか。
猫はいつまで経っても子どもみたいな生き物なので、
猫の世話をすることで「誰かに必要とされている」感覚を味わうことができると思います。
また、猫は話し相手にもなってくれますし、猫を飼っている人との共通の話題ができます。

子猫は避妊手術など初期費用がかかるので、
人に慣れていて既に避妊手術を受けている成猫を貰ってくるのがいいでしょう。
ペットショップは避け保健所やネットで探せば見つかると思います。

No title

お母様が無気力になってしまった件については、
何か趣味を見つければいいのではないかと思います。

手始めに、小説の読書なんかどうでしょうか。
お金もあまりかかりませんし、認知症予防にもなりますし、
小説はドラマや映画と違って主人公になりきって読むので感情移入しやすく、
人生観が広がると思います。

また、気になっている本の発売日などをカレンダーにメモしたり、
本屋へ行く習慣ができれば、生活にメリハリが生まれます。

別に読書じゃなくてもいいですけど、
何か趣味を見つければそれを続けるために健康でいようという意欲が湧きますし、
話題が増え、話の合う友達も見つけやすくなります。

また、人に必要とされるのが生きがいみたいなので、
何でもいいから仕事を探す……のは年齢的に厳しいかもしれないですね。

その代わりに地元の町内会のボランティア活動に積極的に参加するのはどうでしょうか。
ボランティアなんてお金も儲からないし胡散臭いと思うかもしれませんが、
あれは結局、仕事をしていない人が話し相手とか友達を作るためのものなので、やってみて損はないと思います。
プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いてます。
本家イラストサイトはコチラ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Amazon人気商品




















PCソフトウェア人気商品




















家電人気商品




















Banner
ブログ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR